★夫という生きもの★

面白い夫とのささやかな毎日をつづります




喜多方でのお正月 :: 2016/01/11(Mon)

1週間遅れで、新年の挨拶に喜多方へ

駅に迎えに来てもらったその足で
父と母と4人で、いつもの神社に初もうで

今年も無事に家族で
新年を迎えられたことに感謝して


そして、毎年、律儀におみくじをひくのが恒例ですが
去年は小吉で、散々だったから(体調崩したりね)

今年は、絶対「大吉」ひいてね!

夫から、ものすごいプレッシャーでひいたおみくじ

201601喜多方 (11)

やったぁ~っ!!!

夫のえらい喜びように神社の人もびっくり(笑)




夜は、弟一家も合流して
クリスマスとお正月が
いっぺんに来たみたいなご馳走

弟一家がもってきてくれた岩牡蠣を
アルミ缶で蒸していただくのだとか

201601喜多方 (2)

こんなの初めて~

弟は、慣れた手つきで軍手して
蒸しあがった貝を外して牡蠣を取り出してくれます

みんな、ペロリです



翌日は、こちらも恒例の喜多方ラーメン
今回は、「赤レンガ」に向かいました

201601喜多方 (3)

喜多方市内からは少し離れているのですが
風情があって、すてきな佇まいのお店でした


女性は、喜多方ラーメン
201601喜多方 (5)

澄んだスープは、あっさりめで
私好み

チャーシューもとろっとして
美味しかったです


男性陣は、肉ラーメン
201601喜多方 (9)

夫は、朝ごはんをおかわりしたのに
割引チケットでライスも追加してます

201601喜多方 (8)

本日、3杯目のごはんと
私が残したラーメンも食べてます

元気です(笑)




母が、「どんと焼き」
私たちを連れて行こうと思っていたのに
日付を間違えて行けなかったのだけど

夫は
「どんと焼き」って、なに?
なんで、「どんと焼き」って言うの?


そうか。これも地方の風習なのか

う~ん。そういわれると
なんで、「どんと焼き」なのか分からない

もう、小さいときから、「どんと焼き」だったから・・・

久しぶりに行ってみたかったな~
夫にも見せてあげたかったなぁ




来たと思ったら
もう明日は帰っちゃうのかぁ・・・


父がつぶやくと、母が

人生なんて、そんなものよ
生まれてきたと思ったら
もうおさらばよ


というので
みんなで大爆笑しちゃいました

それは、さすがに早すぎだろ~とつっこんだけど
いやいや、本当に
こないだ生まれたと思ったのに
いつの間にかこんなに年くっちゃって・・・

とふたりで言うもんだから
またまた大笑いです



今年は、お正月にいなかったので
「こづゆ」は飲めなかったね~
と言ったら

最後の朝に、母が出してくれました

201601喜多方 (10)

やっぱり、美味しかった


黒豆やら、栗きんとんやら
昆布巻きやら、たくあんやら
知り合いが打ってくれた蕎麦やら
たくさんもらって帰ってきました(^^)


スポンサーサイト


  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<正月明けの晩ごはん | top | 長いもとベーコンのチーズチヂミ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://20110602.blog.fc2.com/tb.php/1607-96f5d061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)