★夫という生きもの★

面白い夫とのささやかな毎日をつづります




サプライズ、決行!! :: 2016/03/05(Sat)

夫が日付予告してくれていた
サプライズ企画がついに!

なぁんて、実は
夫が予告したサプライズ日程を延期して
夫の実家に遊びに行きたい。
なぞと、私が言ったもんだから

夫、慌てて、変更ができないと
早々に打ち明けてくれてたのですが

そもそも、予約するのが大変だったそうで
日程の変更なんて無理なんだそうです



夫がめちゃめちゃ頑張ってくれた
人気のスポットは
じゃ~んっ

20160305 豆腐屋うかい (1)

東京タワーのふもとに鎮座する
「とうふやうかい」です

20160305 豆腐屋うかい (4)

門をくぐった途端に
別世界が広がります

20160305 豆腐屋うかい (2)

予約よりも少し早めについて
庭園のお散歩も予定通りです

20160305 豆腐屋うかい (5)

夕暮れから、ライトアップまでの
変化を楽しむ計画のようですよ

20160305 豆腐屋うかい (3)


さぁ、いよいよ店内へ

20160305 豆腐屋うかい (6)

ちょうど季節柄
お雛様のお飾りがお向かえしてくれました

20160305 豆腐屋うかい (7)

お部屋まで案内してくださる方が
古民家の移築や蔵造りなど
建物の説明などもしてくれつつ
館内も楽しめます

秋田の酒蔵から運んだ酒樽なども
展示されています

20160305 豆腐屋うかい (8)

私たちは、2階のお部屋
掘りごたつになっていて
足元が暖かくて、ほんわかします

20160305 豆腐屋うかい (9)

どのお部屋からも
お庭が楽しめるような作りになっているようで
心遣いがにくいです

東京タワーのふもと、都会の真ん中に
こんな静かな世界が広がっているなんて
夢のようです

ここだけ昭和の空気が流れているような
贅沢な空間です

まずは、スーパードライの生ビールで
20160305 豆腐屋うかい (10)

泡あわ、最高っ

やっぱり、ドライは美味しい

私を上座に座らせて
にこにこしている夫の、なんといい人なことよ


20160305 豆腐屋うかい (11)

初筍粉節和え
えび新挽き
穴子信田巻き
蛤ぬたかけ


手前にあしらわれた桜と
こごみが春らしい~



あげ田楽
20160305 豆腐屋うかい (12)

てっきり、田楽というから
厚揚げやら生麩やらで出るのかと思いきや
揚げ田楽でした

でも、この揚げが美味しくて
田楽味噌の甘さとねぎが合う!

自家製の揚げだそうです

この田楽は、中庭にある田楽処で焼いたものを
お部屋まで運んでくださるのです

20160305 豆腐屋うかい (36)


白子と餅かぶら
白みそ仕立て

20160305 豆腐屋うかい (14)

私たち、東日本の人間なので
あまり白みそには縁がないのですが
初めて、白みその美味しさに目覚めたかも?!

餅かぶらも美味しかったぁ




蟹飯蒸し
20160305 豆腐屋うかい (15)

下のごはんは、もち米だそうです
蟹の香がふわぁ~とひろがって
食べ終わると

20160305 豆腐屋うかい (16)

「福」の文字が

器にもしびれますね



20160305 豆腐屋うかい (17)

窓の鍵が懐かしくて
とお~い昔、サッシなどが普及してなかった頃は
毎日、夕方になると
家中の鍵を閉めて回ったなぁとか

夏休みにおばあちゃんのおうちに行くと
村に1軒しかない駄菓子屋まで
炎天下の中、子供の足で30分くらいかけて
ホームランバー買いに、歩いて行ったんだよ

なんて、思い出話もしたりして



本日のお刺身
夫は、金目鯛とイカ
20160305 豆腐屋うかい (43)

私は、ふぐ
20160305 豆腐屋うかい (42)

お誕生日のお祝いの席ということで
金箔をあしらってくださいました




翁とうふ
20160305 豆腐屋うかい (18)

豆水とうふと選べたのですが
豆乳よりもとろろ昆布味のほうが
夫好みだろうと翁とうふにしました

20160305 豆腐屋うかい (19)

とろろ昆布と、昆布出汁が美味しくて
しみじみします



お酒は、瓶ビールから
うかいオリジナルの竹酒へ

20160305 豆腐屋うかい (20)

すっきりいただけるお酒です



日が暮れてきて
お庭に景色も変化してきました

20160305 豆腐屋うかい (21)

この風景を静かに眺めていたい
それだけで十分に贅沢な時間です


さぁ、最後のメイン
夫は、鯛磯香焼
20160305 豆腐屋うかい (23)

海苔の香りが広がって
鯛、美味しい

お酒に最高



私は、特選和牛炭火焼
20160305 豆腐屋うかい (22)

3切れくらいで十分満足なので
夫の鯛と交換して、ちびりちびりと
竹酒、いただいています



〆は、じゃごご飯
20160305 豆腐屋うかい (24)

これもまた、ひのきの香りが
ふわっと広がって
目でも、香りでも楽しませてくれます

ご飯も、これまた、ほど良い量で
ぺろりといただきます



今日は、2kgくらい増えてもいい!
そんな気持ちで臨んでいます(笑)




デザートは
はっさくのはちみつがけ
20160305 豆腐屋うかい (25)

このはちみつが、百花蜜というらしく
いろいろな花の蜜をブレンドしているので
毎年違う味わいに出来上がるのだそうです

これが、美味しくて

夫の蜜までもらってしまった



さぁ、これでコース料理は終わりと思っていたら
サプライズは続きました

20160305豆腐屋うかい

いや、だから、「50」は余計だって!

夫も電話で
「ハッピーバースデー50」でお願いします

って言ったら

50ですか?
驚かれたそうで(笑)

名前とかでいいじゃんとか
軽い小競り合いもありつつ



そして、これを半分ずつ
20160305 豆腐屋うかい (26)

残すのも悔しいので
3kg増えてもいい覚悟で
完食です

でも、チョコも軽くて
ベリーがいい酸味でマッチして
やっぱり、ぺろりでした



お店の方からは
チューリップと、記念に撮った写真を
プレゼントしていただきました

20160305 豆腐屋うかい (27)

うれしいで~す

このあとも、チューリップを持って
館内を散策していたら

すれ違うスタッフの方たちが
おめでとうございます。
と声をかけてくださるのにも感激

さすがのホスピタリティです




あまりの居心地の良さに
帰りたくな~いと
中庭を散策することに

20160305 豆腐屋うかい (29)

ライトアップされた東京タワーを
この角度で見ることができるなんて
贅沢ですね~


中庭には、水車もあるんですよ

20160305 豆腐屋うかい (34)


もう少し暖かくなれば、桜などのお花が咲き乱れ
秋は紅葉で美しくなるそうです


まだまだ、うかい亭を堪能するために
bar&カフェの「吉祥庵」へ

20160305 豆腐屋うかい (32)

また、ここが落ち着く~

私は、コーヒーを
20160305 豆腐屋うかい (31)

夫は、紅茶を
20160305 豆腐屋うかい (30)

ティーカップが、あまりに素敵で
惚れ惚れしてしまいました


帰りたくないよ~と
夫に駄々をこねているうちに
20時を過ぎて

東京タワーもお色直し

20160305 豆腐屋うかい (35)

名残惜しい気持ちで
お店をあとにすると

私のココロを、がっちりつかむ売店が

20160305 豆腐屋うかい (38)


もう、遅かったので
売り切れてしまったものもあったけど

あの、揚げ田楽の揚げがっ!!!

20160305 豆腐屋うかい (39)

で、でかっ!!

厚揚げも相当に厚くて
簡単には火が通らないんですよとのこと

お店のスタッフの方も
そして、売店の方も
みなさん、心配りが行き届いていて

しつらえや、ご馳走にも感動したけど
なによりも、スタッフの方たちに感動でした


名残惜しさいっぱいで
今日の一日と、夫に感謝して
うかい亭とお別れです

20160305 豆腐屋うかい (40)



スポンサーサイト


  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ダメダメなわたしたち | top | 久しぶりの喜多方ラーメン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://20110602.blog.fc2.com/tb.php/1664-24d63f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)