★夫という生きもの★

面白い夫とのささやかな毎日をつづります




震度7 :: 2016/04/14(Thu)

夫は、朝まで一度も起きなかった~
ぐっすり眠れたようだけど

私は、昨日も夜中に起きてしまったし
今朝も、なんとなく寝れてない感じ

でも、二度寝したいほど眠いわけでもない
けど、なにか頑張りたいほど元気もない

それで、働いている夫には申し訳ないけど
今日は、独身のころの休日みたいに
好きなことをやる日にしよう!

朝から、本屋大賞をとった宮下奈都さんの
本屋大賞の本ではないけど
「ふたつのしるし」を一気読み

いい話

続けて本を読もうかと思ったけど
もうひとつのやりたいこと

キルトをちくちく

どちらも目を使う作業なので
目が疲れちゃった

最近は、老眼が一気に進んで
目疲れが激しく
細かい作業が持続できないのが悩みです




今夜の晩ごはん
20160414 (1)

好きなことばかりをやってても
ご飯だけは作らないとね

玉ねぎの味噌汁
納豆



かつおのガーリックソテー
20160414 カツオガーリック (1)

へとへとになった夫を癒す
かつおガーリック

ちょっとは元気でたかな?



温奴とほうれん草の胡麻和え
20160414 温奴とほうれん草の胡麻和え

あたたかいお豆腐に
白ごまのほんのり甘い胡麻和えを



明日のおにぎり
20160415梅青菜

梅青菜




食後、のんびりしていたら
都心で気づかないほどの地震があったという

気づかなかったね。と話していたら
とんでもないニュースが飛び込んできた

洗面所にいた私を夫が
大慌てで呼ぶ

熊本で震度7

夜だから事態がわからないけど
絶対に、大変なことになってるはず

あの東日本大震災を思い出す
阪神大震災も、中越も
広島の土砂崩れも利根川の決壊も

次々と頭の中に映像が浮かび
そして、やはり、あの東日本大震災の日の
夜の街の混乱に行きつく

見たこともない異様な夜の街

メールもなかなか通じなくて
混乱の街中で夫と会えたときの安堵
ふたりで5時間歩いた夜道

そして、それからの原発

家族の避難生活
新幹線もバスも通らず
駆け付けることもできなかったあの頃

確実にあれから私たち家族の暮らしも変わった
変わらざるを得なかった


今日、読んだ「ふたつのしるし」にも
東日本大震災が出てきた

ハルは、救援物資を持って
地図を頼りに孤立しているだろう村へ
自転車で、徒歩で届ける

中越地震のとき
私の同僚の実家が倒壊し
ひとり暮らしの母を迎えに
寸断された道を、行けるところまで行くと
とにかく被災地に向かった彼を見送った



たぶん、明日、起きたら
事態はもっと深刻になっているだろう

「八重の桜」をきっかけに
改修された鶴ヶ城がお目見えする前に
地震によって、亀裂が入ってしまって
残念なお披露目になってしまっていた

そもそも
観光客なんて、だれも来なかったし

被災した方々は、今夜は眠れないだろう

どうか、無事でいてください
今夜は祈ることしかできません



スポンサーサイト


  1. 魚介
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<トラウマ | top | タコ尽くし>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://20110602.blog.fc2.com/tb.php/1709-96474d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)