★夫という生きもの★

面白い夫とのささやかな毎日をつづります




広島風お好み焼き「さっちゃん」 :: 2016/05/21(Sat)

あれ?
福井の「黒龍石田屋」
飲みに行ったんじゃないの?

そう、あんなに散々議論したのに
浮世絵展を3時間も立ちっぱなしで見終えた私たちは
もう、電車に乗って違う町に行く元気ゼロ

喉もカラカラ

少しだけ歩くけど
前から気になっていた
「広島風お好み焼き」を食べに行くことにしました

東京ミッドタウンの裏の檜町公園を抜けて
乃木坂?裏赤坂?へ

20150521 (5)ミッドタウン

日中は、暖かかったのに
少し風が出て、雲行きも怪しい?

でも、疲れたカラダに
風が心地よくて

さっちゃん、到着~

20150521(7)さっちゃん

ここも、通勤の帰りに良く通ってた道

赤坂や六本木というと
きらびやかな繁華街というイメージですが
実は、少し路地に入ると
本当に古い下町のような住宅街が広がっているのです

その、静かな住宅街にぽつんぽつんと点在するお店が
今も変わらず、そこにあってくれて
懐かしさと嬉しさでいっぱい


20150521(11)さっちゃん


先客あり
おじさんが一人で一生懸命に焼いてくれています

私たちは、おじさんが一段落するのを
静かに待ちます

広島焼きのいいところは
目の前の鉄板でパフォーマンスを見れる臨場感

おじさんが一息ついたところで
出してくれたビールの美味しかったことよ

20150521(8)さっちゃん

店内には、カープの選手のサイン色紙がいっぱい

先客も、広島の方らしく
生「じゃけぇ」を初めて聞いた!

夫は、広島に赴任していたこともあるので
本当に嬉しそう



今日の広重展が、どんなに素晴らしかったかを
またまた熱く語り合いながら
お好み焼きが焼けるのを待ちました

野菜肉玉蕎麦入り
20150521(9)さっちゃん

これが、鉄板の上を滑らせて
さっと差し出される嬉しさよ

う、うまいっ

広島風は、粉粉していないのが
やっぱりいいですねぇ



まだ食べ始めたばっかりだというのに
夫、気が急いて
イカ焼きも注文していました

20150521(10)さっちゃん

アルミホイルで作ったお皿に
生キャベツを添えて
ちゃんと、二人分に分けて作ってくださいました

私は、お好み焼きだけでお腹いっぱいで
イカは味見くらいで、夫がひとりで平らげました

ぷりっぷりして、濃いめの味付けなので
添えられたキャベツがいい仕事してます

夫がだ~い好きな味です




今度、広島風お好み焼きが食べたくなったら
「さっちゃん」に来ようね

そう話しながら、お店を出たら
本降りの雨

き、聞いてないよ~

私のちっさい日傘に
ふたりして肩寄せて
青山一丁目まで歩きました
(意外に遠い)


それも楽しい
大満足の一日でした



スポンサーサイト


  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<オレンジピールとくるみのラムケーキ | top | 広重ビビッド展へ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://20110602.blog.fc2.com/tb.php/1753-5f0f6ae8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)