★夫という生きもの★

面白い夫とのささやかな毎日をつづります




歌麿の「深川の雪」を見に :: 2014/06/21(Sat)

予定通り、東京ガスライフパルの方が
8:30に来てくださって、暑い中、作業してくださる

温度ヒューズが壊れていたそうで
交換するには、本体ごと外さないといけないらしい

新聞を取りに行った夫も

ものすごっく大変そうだよ!
缶ジュースとか差し入れするものないの?


私も、何かないかな?と探したのだけど
普段、缶ジュースなんて飲まないし
アイスも常備していない

結局、これでいいかな?と
冷蔵庫に冷やしておいた
水だし白桃烏龍をカップに入れて差し入れ

約2時間で作業は終了しました
 感謝 



思ったよりも早く終わったので
当初の予定通り、日帰りで箱根に出かけることに

ロマンスカーに乗ってみたかったけど
家からでは逆に遠回りだし空席もないようなので
地道に乗り継いで小田原へ

箱根旅②

箱根湯本までは登山電車で

箱根旅①

乗り継ぎもバッチリで
ストレスなく箱根湯本に着くと
箱根湯本の駅が、とってもキレイで

想定外だったけど
「箱根カフェ」に吸い寄せられてしまう・・・

箱根旅③箱根カフェ9

改札の横にあって
ホームを見下ろせるのですよ

箱根旅③箱根カフェ4

電車のジオラマがたっくさん展示してあって
ジオラマ好きなわたしは、
カウンター席でテンションアップ

箱根旅③箱根カフェ8

夫は、ガーリックトーストとコロッケ
私は、ハムチーズワッサンとアイスカプチーノ

箱根旅③箱根カフェ2

この前の線路を、ちゃんと電車が走ってくるのです
ときどき、脱線してコケてるけど(笑)

もう、ここだけで、旅気分

楽しいです



構内のお土産屋さんものぞきながら
バス乗り場へ

バス停にいたおじさんに
岡田美術館に行くバスを教えてもらいながら
バスが来るまで、おしゃべり

岡田美術館の割引券もくれて

こっちのバスのほうがすいてるよ!と
おススメ通り待っていたら
がっつり座れました

箱根旅④バス

おじちゃん、ありがと~

くねくね急こう配の山路だから
座れないとツライです

普段、バスも乗らないので
乗り方まで教えてもらって(^_^;)



まだ、乗って10分くらいなのに

まだ着かないの?
もう30分くらい乗ってるよ?


飽きっぽい夫の時間感覚
おかしいです(笑)



箱根湯本から「岡田美術館」がある
小涌園までは、20分くらい

14時すぎに到着です

小涌園ユネッサンは
山の中に突然現れた「テルマエ・ロマエ」の世界みたい

その向かいに「岡田美術館」があります

箱根旅④岡田美術館2

ずっと、ずっと来たかった美術館に
ついに来れた!

ふたりしてテンションダダあがり

入口で写真撮りすぎて

お楽しみいただけましたか?

と美術館の方に声をかけていただいちゃったけど

これからなんですぅ

と言ったら、笑われました

箱根旅④岡田美術館3

「深川の雪」は、時間制で案内しているので
今から、ほかを見てから行くと空いていると思いますよ


と教えてくださったので
帰りの時間も気になるけど
ゆっくりとほかの展示を見て歩きます


ところで、この美術館
空港並みのセキュリティで
荷物は入口のコインロッカーに入れ手ぶらで入ります

デジカメ、携帯等は持ち込み不可

手荷物検査もあるし
金属探知機みたいなものもくぐります

手ぶらで見るって
かなりいいです!



さて、いよいよ
「深川の雪」のフロアに行くと
とにかくでかい!

そして、近くで見なくていい人は
少し離れたところから自由に見れますが
近くで見たい人は、4人一列で並んで
3列12人ずつ、時間制で見せてくれます

あの!大きな!歌麿の絵を
がん見できちゃうんですよ!!!

本物を!!!

縦199㎝×横341㎝ですから
途中、左右入れ替わったりして
じっくり見ることが出来ます

浮世絵の展覧会に行くと
小さい絵の中に、細かい模様を
もっともっと近くで見たい!と

いつもフラストレーションがたまるけど
これだけ大きいと、細部までこれでもかってくらいに
見ることが出来て、幸せ

我が家の壁紙をこれにしたいくらいです

箱根旅④グッズ (1)

大きなポスターが売っていたら買うのに
残念ながらポスターは売ってませんでした

でも、ここで売っている図録は秀逸!!

箱根旅④グッズ (2)

薄くて持ちやすくて中身の充実がすごい
これはお宝です

絵葉書と、チケットホルダーも買ってきました

どこかイベントに行ったときに
このホルダーからチケット出したら
カッコいいでしょ~



さて、この美術館は
外に足湯カフェがあって
足湯につかりながら
お茶をすることが出来るようです

箱根旅④岡田美術館4

その足湯から
美術館の中に描かれた
とぉっても大きい壁画を見ることができます

箱根旅④岡田美術館6

迫力があってステキでした

残念ながらカフェは満席で
壁画を見ただけでしたけど


16時すぎに美術館をあとにして
小田原行きのバスを待ちます

箱根旅④岡田美術館5

滞在時間2時間

たった2時間の逢瀬のために
わざわざ3時間もかけてやってきたけど

そして、入館料2800円って
めちゃめちゃ高いと思ったけど
交通費込みでも高すぎだよ~と思ったけど

来て、見る甲斐がありました

しかも、この山の中の気持ちよさ
すがすがしさ

心身ともにリフレッシュできました



あぁ、いつか
「品川の月」「吉原の花」と一緒に
3部作、見たいです

生きているうちに見ることが出来るでしょうか







スポンサーサイト


  1. おでかけ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<小田原 「くるま家」 | top | あったかいお湯ってありがたい・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://20110602.blog.fc2.com/tb.php/990-e049be8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)